【最新刊】空とセイとぼくと

空とセイとぼくと

1冊

著:久保寺健彦

756円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    父親を亡くし、犬のセイとホームレス生活をしていた零。ある日、病気になったセイの治療費を捻出するためホストになるが、読み書きもできない零は失敗ばかり。だが、その犬並みの嗅覚を使って、次第に頭角を現し始め……。犬と二人きりで育った少年が、犬との絆を守りながら成長する姿を、ユーモアとリアリティ溢れる筆致で描いた傑作青春小説。

    続きを読む
    提供開始日
    2013/04/05
    連載誌/レーベル
    幻冬舎文庫
    出版社
    幻冬舎
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    3.5
    4
    5
    1
    4
    1
    3
    1
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/10/13Posted by ブクログ

      犬と二人で生きようとした少年の、数奇な運命と成長を描いた異色の青春小説。
      ホームレス父子からホストを経て、ブレイキン・ダンサーに。そしていつも側にいる犬のセイ。波乱万丈な人生だけど、主人公の少年・零は...

      続きを読む
    • 2012/01/03Posted by ブクログ

      小さいころから父親と2人で
      ホームレス生活を送っていた少年が
      父 亡き後 犬と同じような生活を続け
      ホストからダンサーへと転身していく
      ストーリー。

      現実世界とあまりにもかけ離れていて
      ちょっと入り...

      続きを読む
    • 2011/10/25Posted by ブクログ

      なんだろう、この読後感。間違いなく泣くんだけど清々しいというか。寂しいというか。犬好きな人にはちょっとたまらない小説です。人間好きな人にもお薦め。

    開く

    セーフモード