人生・愉しみの見つけ方 「いま」を充実させる100の逆転発想

著:川北義則

540円(税込)
ポイント 5pt

砂漠の真ん中で、水筒に半分くらいの水しか残っていないとき、「もう半分しか水がない」と考えるか「まだ半分残っている」と考えるかで、生死が左右されるという。「まだ半分ある」と信じられる人は、生き抜く気力が湧き、厳しい砂漠も乗り越えられる。このような考え方をプラス発想という。ところが、どんなに明るい性格の人でも、いつもプラス発想ではいられない。現実にはイヤなことやつらいことが身の回りにたくさん起こるからだ。では、どうすればいいか。「ふだんからプラス発想のクセを身につけよ」と著者は言う。不運などありえない。すべては自分にとってプラスの出来事である――本書は、人生のすべてをそうした視点で見つめ直し、愉しく充実した毎日を過ごすヒントを満載した一冊。「幸福の色眼鏡をかけて世の中を見よ」「ハンデとは才能の一部である」など、思わずハッとさせられる言葉の宝庫である。

続きを読む

レビュー

4
2
5
1
4
0
3
1
2
0
1
0
  • 2012/05/18Posted by ブクログ

    実家に眠っている父の本で処分前に気になる箇所をさらっと読んでみた。 ビジネス書、自己啓発、哲学関係の本によく書いてあることが中高年向けにまとめられた本という印象だったが、はっとさせられる考えもあった。...

    続きを読む
  • ネタバレ
    2012/01/12Posted by ブクログ

    この内容にはネタバレが含まれています

セーフモード