【最新刊】歴史から考える 日本の危機管理は、ここが甘い~「まさか」というシナリオ~

歴史から考える 日本の危機管理は、ここが甘い~「まさか」というシナリオ~

上念司

628円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    本書は、日本が「まさか」の時に「想定外」を連発するような危機管理を卒業し、リアルで生々しい危機管理に目覚めることを企図して書かれた。そのために必要なことは?日本は、経済最大の足かせとなるデフレになぜ陥ったのか。デフレが長期化しているのはなぜか。その「背後の物語」から浮かび上がってきたものとは?歴史をひもときながら、日本人が「甘えの構造」と決別するためのフレームワークを実例から学ぶ。

    続きを読む
    提供開始日
    2013/03/29
    連載誌/レーベル
    光文社新書
    出版社
    光文社
    ジャンル
    ビジネス

    レビュー

    レビューコメント(8件)
    • 歴史から考える ...
      2018/04/26

      過去に起きた様々な事件、国や組織による諜報活動、それによって何が引き起こされたのか。 主にソ連、中国、アメリカ、日本の歴史の裏側を様々な資料から経済の動きと絡めながらあぶり出していく。 

      この本が書...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 歴史から考える ...
      2012/12/05

      哲学者の適菜収さんの言葉で「橋下は古いタイプの左翼」と書いていたが、本書で細かく書かれている共産主義者(設計主義者)の手法が橋下徹のやり方とほとんど同じだと感じた。

      Posted by ブクログ
    • 歴史から考える ...
      2021/01/02
      ネタバレ
      この内容にはネタバレが含まれています
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード