【最新刊】やっとかめ探偵団と鬼の栖

やっとかめ探偵団

清水義範

550円(税込)

最新刊を購入

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    夜な夜な子供の泣き声が聞こえたアパートの一室から、親子3人の姿が消えた。名古屋のミス・マープルこと波川まつ尾(74歳)の駄菓子屋に集う婆ちゃんたちは、夜逃げだ、幼児虐待だと大騒ぎ。そんな時、山深い林道から母親の死体が発見された。「どえりゃーことだがね」まつ尾の指示で、ご近所情報収集に向かう婆ちゃんたち。やがて意外な真相が……(表題作)。

    続きを読む
    提供開始日
    2013/03/29
    連載誌/レーベル
    光文社文庫
    出版社
    光文社
    ジャンル
    ミステリー
    • やっとかめ探偵団 全 4 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      やっとかめ探偵団 全 4 巻

      2,530円(税込)
      25pt獲得

    レビュー

    • null巻2018/04/04Posted by ブクログ

       『~と鬼の栖』『~と唐人お吉』の2話収録。
       表紙には「連作」とありますが、2つのお話は繋がっていません。何なら、1話目に収録されている話のほうが、初出としては2話目より後です。

       何となく、テ...

      続きを読む
    • null巻2018/04/02Posted by ブクログ

       もうとうとう自分たちで探偵する、て言っちゃってますね。
       24時間営業の健康ランドで、深夜料金さえ払えば、そのまま泊って行ってもいい…て、今で言うところのラクーアみたいな感じでしょうか。

       それに...

      続きを読む
    • null巻2018/01/16Posted by ブクログ

       『やっとかめ』とは、『久しぶり』という意味の名古屋弁。
       駄菓子屋を営む並川まつ尾おばあちゃんをリーダーとする、名古屋の婆ちゃん探偵団の連作短編集です。
       近所で起こるとんでもない事件の傍らで発生す...

      続きを読む
    開く

    セーフモード