【最新刊】哲学探偵

哲学探偵

鯨統一郎

605円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    大富豪の若い妻が、興奮剤による心臓麻痺で死亡した。自殺なのか殺人なのか。難事件を専門に扱う特捜班に所属する高島(たかしま)警視と久保(くぼ)主任の意見は対立する。行き詰まった2人がたまたま訪れた競馬場で出会ったのは、哲学好きで短歌趣味の馬券師。哲学的視点を三十一文字(みそひともじ)にこめて馬券師が披露する驚愕の推理とは!?(「世界は水からできている」)。鯨ミステリーの真骨頂!

    続きを読む
    提供開始日
    2013/03/29
    連載誌/レーベル
    光文社文庫
    出版社
    光文社
    ジャンル
    ミステリー

    レビュー

    • ネタバレ
      2011/09/13Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2012/05/02Posted by ブクログ

      著者お得意の「分かりやすいキャラ」と
      「パターンの美学」で読ませる本。

      冷静に読んでしまえば「牽強附会」「我田引水」で
      「ツッコミ所」満載と言えなくもない(^ ^;
      はまってしまうと水戸黄門的心地よ...

      続きを読む
    • 2012/07/04Posted by ブクログ

      王道のミステリー集。
      キャラクターも渋くてとても良い。
      競馬場に現れる謎の男が刑事の話を聞いただけで謎を解いてしまう。
      安楽椅子探偵系だった。
      トリックなども難しすぎず、簡単すぎずのいい塩梅だったので...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000118264","price":"605"}]

    セーフモード