【最新刊】電光剣の疾風(かぜ)

辻風の剣

牧 秀彦

550円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    大身旗本である本多家の嫡男として生を受けた誠四郎(せいしろう)だが、いまは根津権現(ねづごんげん)の裏店(うらだな)で気ままな町場暮らし。門前の辻番所を預かる老爺・留蔵(とめぞう)への依頼が誠四郎の耳に入った。江戸市中を騒がす義賊・鼠小僧の再来が、水戸藩邸に犯行予告を送りつけてきたというのだ。(鼠小僧異聞)一本気な正義漢・誠四郎が留蔵、浪人・伊織(いおり)と手を携えて悪を討つ、好評連作短篇シリーズ。

    続きを読む
    提供開始日
    2013/03/29
    連載誌/レーベル
    光文社文庫
    出版社
    光文社
    ジャンル
    歴史・時代
    • 辻風の剣 全 7 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      辻風の剣 全 7 巻

      3,850円(税込)
      38pt獲得

    レビュー

    レビューコメント(11件)
    • 1巻
      2018/06/02

      仕置き人+人情もの。主人公格の三人が人々に請われ、悪人を成敗する話。彼らの活動導線が交わっている辻番所は、その空間を説明するだけでストーリー状況が分かるように書かれていて、第四の主人公のような扱いを受...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 1巻
      2010/05/01

      第1巻
      後の巻を読んでいるので、気になっていたものである。
      やはり中編形式で3話に分かれそれぞれ辻風弥十郎誕生秘話、伊織親子の秘密、ベテラン留蔵にまつわるもの分かれているが、それぞれ関連を持たせて綴っ...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 5巻
      2010/04/25

      取り敢えずの完結編
      主人公の失われた記憶が戻り、旅立っていく。
      これまでとかなり異なり一冊一気に読みこなせる。お江戸八百屋町、闘いながらめぐる様は、昔の東映チャンバラ時代劇を連想させる。主人公辻風弥十...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード