【最新刊】父からの手紙

父からの手紙

小杉健治

660円(税込)

最新刊を購入

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    家族を捨て、阿久津伸吉は失踪した。しかし、残された子供、麻美子と伸吾の元には、誕生日ごとに父からの手紙が届いた。10年が経ち、結婚を控えた麻美子を不幸が襲う。婚約者が死体で発見され、弟が容疑者として逮捕されたのだ。姉弟の直面した危機に、隠された父の驚くべき真実が明かされてゆく。完璧なミステリー仕立ての中に、人と人との強い絆を描く感動作!

    続きを読む
    提供開始日
    2013/03/29
    連載誌/レーベル
    光文社文庫
    出版社
    光文社
    ジャンル
    ミステリー

    レビュー

    • 2018/10/23Posted by ブクログ

      麻美子の父は、母と弟と彼女を残し、「好きな人ができた」と家を出て行く。それから10年、当時中学生だった麻美子も24歳。結婚をまじかに事件は起こる。彼女の婚約者が殺害されるのである。 もう一方の主人公圭...

      続きを読む
    • 2014/07/23Posted by ブクログ

      初読みの作家。期待せずに読んだのだが、深い哀しみと感動を覚えるミステリー作品だった。

      麻美子と伸吾の姉弟の元には十年前に突然、失踪した父親から毎年、誕生日に手紙が届く。父親はどこで、何をしているのだ...

      続きを読む
    • 2018/11/25Posted by ブクログ

      犯罪者は引き寄せあうのだろうか?
      この小説に登場する主人公の一人の犯罪者は、ある意味善人と言ってもよいかもしれない。衝動的な殺人で刑務所から出所する。彼のたどる贖罪の道に、幼いころ父と別れ、母子三人で...

      続きを読む
    開く

    セーフモード