【最新刊】心臓と左手~座間味くんの推理~

心臓と左手~座間味くんの推理~

石持浅海

539円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ミステリーにおける最大の謎は、人の心の奥深くにある――。警視庁の大迫(おおさこ)警視が、あのハイジャック事件で知り合った「座間味くん」と酒を酌み交わすとき、終わったはずの事件は、がらりとその様相を変える。切れ味抜群の推理を見せる安楽椅子探偵もの6編に、「月の扉」事件の11年後の決着を描いた佳編「再会」を加えた、石持ミステリーの魅力が溢れる連作短編集!

    続きを読む
    提供開始日
    2013/03/29
    連載誌/レーベル
    光文社文庫
    出版社
    光文社
    ジャンル
    ミステリー

    レビュー

    • 2014/08/02Posted by ブクログ

      いい!座間味くんがさくっと解決するのには違和感があるけれど(そもそも当たっているという証拠はない)、驚きを感じられてこれぞミステリって感じです。
      表題作の『心臓と左手』なんてまさにミステリ好きが食いつ...

      続きを読む
    • 2018/11/09Posted by ブクログ

      大迫警部と、通称「座間味くん」の会話で構成する短編集。

      既に終わった事件について、大迫警部から話を聞く座間味くん。
      そこから、警察でも見えなかった驚きの真実が浮かび上がる(※終わったとは言え、警察の...

      続きを読む
    • 2014/02/16Posted by ブクログ

      座間味くんシリーズ。
      終わったはずの事件が、座間味くんの推理によって新たな面を見せる。
      6編の短編と『月の扉』の続編。


      『月の扉』で登場した座間味くんが再登場です。

      解決しているはずの事件が、座...

      続きを読む
    開く

    セーフモード