白い血が流れる~覚醒剤の白地獄~

藤本義一

756円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

購入へ進む

カゴに追加

    誰かが来る。玄関のノブが回転した。浄子(きよこ)は、その金具が外され、あいた穴から毒矢が心臓を貫く恐怖に震えた。慌てて注射器に覚醒剤を吸い上げ腕に打つ。幻聴・幻覚はひどくなるばかりだ。覚醒剤患者は激増中。ことに主婦の廃人化が話題を呼んでいる。平穏な生活が白濁の液体で崩壊する過程を現実に即して追う犯罪小説傑作集。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード