【最新刊】死人(しびと)を恋(こ)う

死人(しびと)を恋(こ)う

大石 圭

550円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    (クリスマス・イヴに死のう)人里離れた山林に死に場所を求めた「僕」の前に、一台の車が現れた。やって来たのは、自殺サイトで知り合ったらしき男女6人――。彼らの最期(さいご)を陰から見届けた僕は、その中の一人の美少女に目を奪われた。彼女のあどけない死に顔が、僕の冥(くら)い欲望に火をつけた……。人間の深い業(ごう)を描き、戦慄の世界へと誘う衝撃の書!

    続きを読む
    提供開始日
    2013/03/29
    連載誌/レーベル
    光文社文庫
    出版社
    光文社
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • 2006/02/08Posted by ブクログ

      死体しか愛せない男の話。
      大石圭ワールドです。
      う〜ん、やっぱり好きだ〜大石圭!
      でもさぁ・・・校正ってしないの?光文社さん。
      誤字が気になっちゃったよ〜。

    • 2010/08/13Posted by ブクログ

      大石圭作品をひさしぶるに読んだわけなのだが、やっぱりこの人の作品はいい!
      このなんともいえないかんじがたまらない。そして終わりかたはやっぱり、というかんじの終わり方。
      オビの「自殺サイトには魔物がひそ...

      続きを読む
    • 2010/11/17Posted by ブクログ

       2010年7冊目。
       309頁。

       友人にもらった。
       基本は主人公、その他登場人物の1人称。
       後半時々、3人称。

       屍姦の快楽に取りつかれてしまった、青年の話。


       作者の同級生の女の子が...

      続きを読む
    開く

    セーフモード