【最新刊】死人(しびと)を恋(こ)う

死人(しびと)を恋(こ)う

1冊

大石 圭

550円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    (クリスマス・イヴに死のう)人里離れた山林に死に場所を求めた「僕」の前に、一台の車が現れた。やって来たのは、自殺サイトで知り合ったらしき男女6人――。彼らの最期(さいご)を陰から見届けた僕は、その中の一人の美少女に目を奪われた。彼女のあどけない死に顔が、僕の冥(くら)い欲望に火をつけた……。人間の深い業(ごう)を描き、戦慄の世界へと誘う衝撃の書!

    続きを読む
    提供開始日
    2013/03/29
    連載誌/レーベル
    光文社文庫
    出版社
    光文社
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    2.6
    14
    5
    1
    4
    1
    3
    7
    2
    2
    1
    3
    レビュー投稿
    • 2016/12/12Posted by ブクログ

      もう少し一つ一つの死体に癒着していたかったけど、腐敗は仕方がない。
      主人公の死体に対する思いやりが微笑ましく切なく、久々に刺さる本に出会えたように思います。
      エピローグの締め方がなんとも官能的。

    • 2014/11/10Posted by ブクログ

      うーん…
      タイトルからなくした人を想うロマンチックな話と思い込み借りてみたが、タイトルそのものやった。ホラーモノはきらいじゃないけど、これは僕のストライクゾーンではなかった、ということ。

    • 2012/09/27Posted by ブクログ

      主人公は自室に引きこもり、10年間を過ごしていた。
      楽しみも悲しみも味わうことなく、虚無に近い生活。だが、死体と交わった瞬間、彼には感情が溢れ出し、全てが変わった。

      死体と交わると聞くと、とんでもな...

      続きを読む
    開く

    セーフモード