孤独を生ききる

瀬戸内寂聴

440円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    人はひとりで生まれ、ひとりで死んでゆく。恋人がいても、家族に囲まれていても、しょせん孤独。群れていても、若くとも、老いても孤独。本当に自分が孤独だと感じたことがない人は、真に人も愛せない。孤独と向かい合い、飼い馴らし、新しい自分と出会える人だけが人生に輝く道を発見する。孤独を生ききるにはどうすればいいか。答がこの本にある。

    続きを読む

    レビュー

    • 2009/04/26Posted by ブクログ

      いま現在どうしようもなく孤独感に苛まれて身も心もずたずたになっているという方と、近い将来にその予兆がありそうな方にこそ読まれるべき本です。

      それほど具体的な処方箋が書いてある訳ではありませんが、あら...

      続きを読む
    • 2010/12/23Posted by ブクログ

      「人間は生まれて死ぬまで孤独な動物だというのが,七十年生きてきた私のゆるがない乾燥です。」

      このような出だしではじまります。

      人生すべてに孤独がつきまとい,人間は悩む。

      そんな人生の儚さについて...

      続きを読む
    • 2011/05/28Posted by ブクログ

      【レビュー】孤独という概念についての仏教的な視点が、具体例を交えて分り易く表現されていたように感じた。仏陀の言葉の中には、とても詩的で鋭い言葉が多々あり、唸った。

    開く
    [{"item_id":"A000117297","price":"440"}]

    セーフモード