会話は「最初のひと言」が9割

向谷匡史

628円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    人に会うのが怖い、あがり症、話ベタ……“コミュニケーション弱者”救済の書。あらゆる相手との会話で最も重要かつ成功の鍵を握るのは、優れた話術でも芸でもお笑いのネタでもなく、要所とタイミングを外さない「最初のひと言」だ。各界のトップたちにインタビュー取材を続け、他方で僧籍を持ち、さらに空手家として武道にも精通する著者が、社会人なら避けては通れないあらゆる場面での会話を制する、“最強のひと言”を伝授!

    続きを読む

    レビュー

    • 2011/09/28Posted by ブクログ

      ・「天気、季節、場所」は無難かついつでも使える会話の切り出しの切り口。
      ・「今日はいい天気ですね」というだけではなく、続けて「このぶんなら桜の開花も早そうですね」などと付け加えるのがベスト。
      ・年配の...

      続きを読む
    • 2011/08/24Posted by ブクログ

      何度も読み返したい例文集

      会話が得意という人は実は少ないのではないだろうか。
      特にビジネスのシーンや会合での挨拶などでは、
      何を話していいかわからないし。

      そんな時、会話の最初の一言がうまくいくと...

      続きを読む
    • 2017/10/15Posted by ブクログ

      前書きでサクッと、最初のひと言が重要ということを説明して、本編では早々に、実際の場面で使える最初のひと言の実践例に入っていく。

      このスタイルが新しくてびっくりしたけど、無駄がなくてスゴいなと思いまし...

      続きを読む
    開く

    セーフモード