【最新刊】女奴隷は夢を見ない

女奴隷は夢を見ない

1冊

大石 圭

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「あなたのご両親は、あなたを売ることにした」女子大生・川上春菜は、父親の使いで訪れた横浜のビルで、突然告げられた。自分は売られ、間もなく「奴隷市場」で競(せ)りにかけられるというのだ。ビルの一室に拘禁(こうきん)され、絶望にくれる春菜。だが、仕入れられていたのは、彼女だけではなかった。女たちを待ち受けていた壮絶な運命とは?おぞましくも美しい禁断の書。

    続きを読む
    提供開始日
    2013/03/29
    連載誌/レーベル
    光文社文庫
    出版社
    光文社
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    3.2
    35
    5
    3
    4
    10
    3
    14
    2
    8
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2020/02/20Posted by ブクログ

      大石さんにしては美しい。
      サラとの物語が良くて、自分の生き方を
      どんな形で受け入れても、生きてるだけで
      良いって思える人になりたい。
      おぞましくて、アナザーストーリーが見たい。

    • 2016/09/11Posted by ブクログ

       うーん、こりゃ怖い。 人が自由を奪われ、ただ抜け殻になってゆく物語。
       でも、抜けたものは何だったんだろう? 「人間の尊厳」と呼ばれる類のものだろうか。
       「人間の尊厳」の定義は難しいが、それは自分...

      続きを読む
    • 2014/07/06Posted by ブクログ

      なんか、ありそうで怖い・・・。
      あと、奴隷になっても誇りを失わず第二の人生をかけた樹里や春菜が・・・奴に売られるあたりエグい・・・。
      自分の今いる世界に小さな不満があっても、超幸せじゃんと
      考えさせて...

      続きを読む
    開く

    セーフモード