アイルランドの薔薇

石持浅海

550円(税込)

購入へ進む

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    南北アイルランドの統一を謳(うた)う武装勢力NCFの副議長が、スライゴーの宿屋で何者かに殺された!宿泊客は8人――そこには正体不明の殺し屋が紛(まぎ)れ込んでいた。やはり犯人は殺し屋なのか?それとも……。宿泊客の一人、日本人科学者・フジの推理が、「隠されていた殺意」をあぶり出してゆく!本格推理界に衝撃を走らせた期待の超新星の処女長編!

    続きを読む

    レビュー

    レビューコメント(88件)
    • 2015/03/24

      物語はアイルランドの統一問題を背景に進んでいきます。

      日本人にとって宗教による争い(人殺し)は程遠い世界の話です。

      自分が思う宗教、宗派を絶対だと思うが故に争いは混迷を深めていき、創始者が愛だ...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 2006/09/09

      アイルランド紛争と言う硬い背景を持ちながら、分かりやすい内容でした。

      この作者の作品で最初に読んだ本は「月の扉」。その後、「水の迷宮」「セリヌンティウスの舟」「扉は閉ざされたまま」などほとんど読んで...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 2010/06/27

      『アイルランドの薔薇』(石持浅海、2004年、光文社文庫)

      アイルランドを舞台としたミステリー推理小説。
      南北アイルランド統一による和平を目指す武装組織NCFと、それに反対する内部勢力との軋轢が生じ...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード