【最新刊】死に至る病~あなたを蝕む愛着障害の脅威~

愛着障害

岡田尊司

858円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    死に至る病とは絶望のことである、と、かつて哲学者キルケゴールは書いた。絶望とは神を信じられないことを意味した。だが今日、死に至る病の正体は、「親の愛さえも信じられない」こと、つまり「愛着障害」に他ならない――。現代に突如現れた、治療困難な数々の心身の障害の背景にある、共通の原因とは。ベストセラー『愛着障害』の著者が、渾身の思いを込めて、今我々が直面する「生存を支える仕組みそのものの危機」を訴える。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/09/27
    連載誌/レーベル
    光文社新書
    出版社
    光文社
    ジャンル
    趣味・実用
    • 愛着障害 全 4 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      愛着障害 全 4 巻

      3,169円(税込)
      31pt獲得

    レビュー

    • 2016/07/10Posted by ブクログ

      ■avoidant:「回避型」,「回避性」
      ■親密さを前提とする関係においてストレスを抱えやすくなっている。結婚率や出生率の低下は主に経済問題の側面から論じられることが多いが,昨今,多くの人が自分一人...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2017/11/18Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2020/07/25Posted by ブクログ

      ■「数学不安」という専門用語がある。数学ができるかどうかには数量処理や作動記憶といった認知的能力のほかに問題を解く際の不安が関わっている。この不安が「数学不安」。
      ・数学不安が強いと解けないのではとい...

      続きを読む
    開く

    セーフモード