【最新刊】禍家(まがや)

禍家(まがや)

三津田信三

550円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「ぼうず、おかえり……」12歳の少年・棟像貢太郎(むなかたこうたろう)は、近所の老人が呟く言葉に不吉な予感を覚えていた。両親を事故で亡くし、祖母と越してきた東京郊外の家。初めての場所のはずなのに、知っている気がしてならないのだ。そして、怪異が次々と彼を襲い始める。友達になった少女・礼奈(れな)とともに探り出した、家に隠された戦慄の秘密とは?

    続きを読む
    提供開始日
    2013/03/29
    連載誌/レーベル
    光文社文庫
    出版社
    光文社
    ジャンル
    ミステリー

    レビュー

    • 2013/07/31Posted by ブクログ

      もう本当に怖かったです。
      読んでて手が震えてくるほど怖い本とまだ出会えるなんて……。
      そしてこれを読書中の深夜1時。
      窓に背を向けて読んでいてふっと小さな物音がしたので振り返ったら、
      窓は閉まっている...

      続きを読む
    • 2011/02/16Posted by ブクログ

      ホラーにミステリーをほどよくブレンドした作品。
      三津田節が唸る。

      家シリーズの1作目。前から読もうとは思っていたもの
      古本屋に安くならんでいなかったが今回はお手ごろ価格で
      入手。

      さて、2作目 3...

      続きを読む
    • 2009/03/22Posted by ブクログ

      ちょう怖い。ちょう怖い!(重要な評価ポイントなので2回言いました)すばらしい。家の中で読みたくない1冊。

    開く

    セーフモード