アリル ~午後のお茶は妖精の国で 番外編~

完結

遠藤淑子

550円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

大人気!ドタバタファンタジックコメディの番外編がついに登場!妖精の国の王女・アリルは、その繊細さゆえに世界のすべての悲しみを嘆き、泣いてばかりの毎日。いとこのヴィネドは、なんとかアリルに強くなってほしいんだけど…!?本編ではいじわる妖精だったヴィネドの幼少時代を描く表題作「アリル」のほか、ハルシュの人間時代(!)のお話「妖精の石」や、ルグの弟子のお話「魔法使いの内弟子」も同時収録!あのゆかいな彼らの、ちょっぴり切ないストーリー集。

続きを読む
  • 午後のお茶は妖精の国で 全 4 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    午後のお茶は妖精の国で 全 4 巻

    2,200円(税込)
    22pt獲得

レビュー

  • 2011/10/29Posted by ブクログ

    「午後のお茶は妖精の国で」の番外短篇集で、本編の登場人物の過去とか周辺人物のお話ですね。
    やっぱりいつもの遠藤節で、クスっとするお話、フェイントをかまされて切ない気持ちにさせられるお話とか、イロイロで...

    続きを読む
  • 2011/09/11Posted by ブクログ

    「内弟子」みたいなバタバタも好きだけど、「妖精の石」の容赦の無さも好き。そういうのをもう少し長めのページで読みたいなあ。

    辛辣な本心も赤裸々にセリフにしつつ、明かしにくい優しさをそっと添えるやわらか...

    続きを読む
  • 2011/09/08Posted by ブクログ

    この人のお話は安定していて読んでいてはずれは無いなあ~といつも思います。が。妖精の国のお話を読んだのが大分前なのでええと、ダレだっけコレ・・・とかしばし考えました。
    犬エッセイも楽しみです。

[{"item_id":"A000131736","price":"550"}]

セーフモード