指かみながら

著:睦月影郎

495円(税込)

購入へ進む

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「書によれば、西洋ではお嬢様の気が昂ぶると、下僕が秘所を舐めて鎮めるとか」克利の嘘八百に、令嬢は予想以上に激しく反応した。「私でよければ何でもいたします」と、彼は令嬢の花園に……。明治三十六年の帝都。人力俥夫の克利十八歳は、あるときは美女を俥にあるときは股間に乗せる日々だったが……。折しも路面電車の開通が迫ってきた。

    続きを読む

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビューを投稿する
    [{"item_id":"A000114847","price":"495"}]

    セーフモード