だまされたらあかん 保険の裏カラクリ

著:青木雄二

440円(税込)

購入へ進む

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「あなたの保険、払いすぎていませんか?」所得減に悩む庶民の心をくすぐるようなCMがテレビに氾濫している。しかし「まともに信用したらアカンぞ」と、資本主義の裏の裏を読む青木雄二は警告する。解約したとたんに、利息はおろか元金も目減りしてしまうからだ。しかし、保険会社の約款をながめてもチンプンカンプン。そこで、だまされん、損しないために「保険会社の裏カラクリ」全部暴いたる!

    続きを読む

    レビュー

    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      ●私たち自身が目的意識をもってイデオロギーを育てていかなければならない。「貧乏人がバカを見る」社会なのだとしたら、それは私たち自身が変えていかなければならない
      ●「おかしい」「だまされた」と思うなら、...

      続きを読む
    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      保険を知りたくて買ったものの、
      やっぱり保険ってわかりにくい。
      でも更新型なんてふざけてるとしか思えないし
      保険会社にうまく騙されてる気がして腹が立つ。

      もっとちゃんといろいろ知りたいなぁ。

      20...

      続きを読む
    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      備忘録:2006年6月14日読。
      ざっと流し読んだので、しっかり自分のものにできていない感もある。
      青木氏の基本的な主張は「保険は自分の安心のために入るのだから損得で考えるな」、「保険会社はあくまで利...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000114393","price":"440"}]

    セーフモード