【最新刊】笑いの果てまでつれてって

笑いの果てまでつれてって

1冊

著:西田俊也

1,375円(税込)

最新刊を購入

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    お笑い芸人のミナミは、ここ数年ですっかり人気も落ち、今はホテトルの運転手をして暮らしていた。年末のある日、以前、ホテトルで窃盗の嫌疑をかけられ、ミナミに助けられた京子が、お金を返しに来た。ちょうどその頃、お笑い学校の同級生だった友人から仕事の依頼が来ていた。稚内の老人ホームの年越しイベントで漫才をやらないかというのだ。断るつもりだったミナミだが、京子が正月に帰るところがないと聞き、最後の舞台をみせようと、京子を北海道へ誘う。自殺未遂をしたばかりの元相方・サカイ、そしてミナミの父・ハツオも同乗し、4人を乗せた車は27日朝、大阪を出発する。それぞれの思いを乗せ、北海道・稚内をめざして、爆走する車。名古屋~東京~仙台と、行く手に待ち受けるさまざまな事件を乗り越え、果たして、大晦日、忘れられた漫才師は、最後の舞台に立つことが出来るのか。※巻末ページのリンク先にはジャンプ出来ませんのでご了承下さい。

    続きを読む
    提供開始日
    2013/03/22
    出版社
    徳間書店
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    3
    3
    5
    0
    4
    1
    3
    1
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2012/03/01Posted by ブクログ

      落ちぶれたお笑い芸人ミナミが昔の相方を連れて稚内の老人ホームで
      年末のイベントとして漫才をするまでの旅。

    • 2009/12/04Posted by ブクログ

      2009-12-162
      不満なところも多々ありましたが、この物語の中で一番のお気に入りは
      ミナミさんの性に対する道徳観・・なので満足。
      続編を書く予定はあるのだろうか?
      著者に聞いてみたいなあとも。

    • 2009/11/28Posted by ブクログ

      昔漫才師をやっていたミナミと、ミナミに助けられた京子、昔のミナミの漫才の相方のサカイ、ミナミの父ハツオの4人が、大晦日に稚内の老人ホームで漫才をやりに、大阪から車で稚内まで行く珍道中の話です。
      結構強...

      続きを読む
    開く

    セーフモード