【最新刊】人間臨終図巻 4

人間臨終図巻

著:山田風太郎

754円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    人間達の死は『臨終図巻』の貢を順次に閉じて、永遠に封印してゆくのに似ている。巨匠・山田風太郎が、歴史に名を残す著名人の死を、無くなった年齢の順番に描いた、不朽の名作の新装版、121歳の泉重千代をもってここに終幕。923人の死に様、そして生き様に、あなたは何を思うか?

    続きを読む
    提供開始日
    2013/03/22
    連載誌/レーベル
    徳間文庫
    • 人間臨終図巻 全 4 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      人間臨終図巻 全 4 巻

      3,016円(税込)
      30pt獲得

    レビュー

    4
    28
    5
    9
    4
    12
    3
    6
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2012/10/28Posted by ブクログ

      死から逃れることは何人もできない
      突然の死、惨めな死、惜しまれての死。
      様々な最期が記されている。
      最期を知ることで、その人の人生を読んでいるような気持ちになる。

      この作品に出てこないが、私は次の言...

      続きを読む
    • 2012/02/20Posted by ブクログ

      例えば小林一茶。イメージとしては俳句が上手で貧しい中にも心の豊かなおじいさんなんだけど、「俳句の世界から出れば、金銭的にも性欲にも、エゴイズムと性欲の化身だった」と著者は書く。まじか。様々な病に冒され...

      続きを読む
    • 2013/08/25Posted by ブクログ

      古今東西、様々な人間の死に様を描いた本。

      死に様だけで、その人の生き様が重くのしかかってくる。

      今日読んだのはジョン・レノンの死に様。

      偶然にも、彼を殺したマーク・チャップマンに、

      殺人罪によ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード