あの涙は、この碧に包まれる

著:小島夕

715円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

購入へ進む

カゴに追加

    ワタルは自分が白い光の中にいることを感じる。そのとき、声が聞こえた。「ずっと前からあたしはあんたの中にいたんだよ」高校最後の夏休み、ワタルは愛犬のアルフがいないことに気がつく。親友のタクミが彼女のミナミと一緒に車で探してくれることに。しかし、そこで交通事故に遭ってしまい……。ワタルはアカリが好きだった。同じくらいにタクミも好きだった。そんな二人は内緒でつき合っていたが、アカリが本当に好きだったのは……。帰り道、他の誰のものとも異なる涙を流したあの日。交差するそれぞれの記憶が導く、真実と命のゆくえ。※巻末ページのリンク先にはジャンプ出来ませんのでご了承下さい。

    続きを読む

    レビュー

    2
    1
    5
    0
    4
    0
    3
    0
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2010/03/14Posted by ブクログ

      最後まで読んでも結局どういう話で何が言いたいのかよく分からなかった。転生の話なのかなー。恋愛小説ともいえると思うけれど、淡々としているからあんまり恋、という感じでもなく。
      2010/3/13

    セーフモード