【最新刊】Voice 2020年2月号

Voice

84冊

編:Voice編集部

840円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    今月号の総力特集は、「大国間競争の帰結」である。アメリカ・イラン関係が急速に悪化するなど、2020年の国際情勢も予断を許さない。わが国の眼前にはいかなる「グローバル・リスク」が迫っているのか、多角的に論じる。三菱ケミカルホールディングスの小林喜光会長は、覇権戦争やデータ至上主義など世界の激変を指摘したうえで、日本企業経営者が取り戻すべき「勝負魂」を語る。そのほか、中東の緊張を論じた菅原出氏「『戦略なきイラン攻撃』の危機」など注目論考が目白押しだ。特別企画は、福井憲彦と本村凌二氏の対談を含む「賢者は歴史に学ぶ」、巻頭インタビューには昨年、OECDが発表した「日本の読解力低下」を受けて、藤原正彦氏にご登場いただいた。

    続きを読む
    提供開始日
    2020/01/31
    連載誌/レーベル
    Voice
    • Voice 全 84 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      Voice 全 84 巻

      64,092円(税込)
      640pt獲得
    • 次の最新刊から発売日に自動購入

      この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
      自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

    レビュー

    3.8
    6
    5
    1
    4
    3
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/05/02Posted by ブクログ

      新天皇陛下が即位され、元号も変わったので読んだ。
      (本来は前が良かったかもしれないが)

      そもそも皇族とは誰なのか
      戦前と戦後で皇族がどれだけ変わったのか
      天皇とは何なのか
      象徴とは何なのか
      王とはど...

      続きを読む
    • 2019/03/16Posted by ブクログ

      僕らの世代では、天皇ってどういう存在なのかちゃんと習ってないので「国民統合の象徴」といわれてもよくわからない。おそらく天皇についてを学校で習うにはとてもデリケーな、過去の歴史問題や政治、宗教などの問題...

      続きを読む
    • 2018/12/14Posted by ブクログ

      そもそも天皇の起源って、みたいな歴史的な話から来年に迫った譲位までって感じかと思ってみたら、ほぼ現代の話だったんだけど、お生まれになってずっと象徴天皇として生きてこられた初めての天皇だった今上天皇の孤...

      続きを読む
    開く

    セーフモード