ひと目でわかる「日韓併合」時代の真実

著:水間政憲

1,199円(税込)
ポイント 11pt

日本統治時代の「正しい歴史認識」がここにある!朝鮮半島で撮影した写真史料を満載したビジュアル解説本。わが国は朝鮮半島の全土に鉄道網をひき、豪壮な学校や病院をつくり、疫病を撲滅し、半島の治安を守った。子供たちには親身に教育を施し、李王朝時代の悲惨極まる刑罰、裁判を改めた。なぜ、これらの歴史事実が葬られたのか?本書はあらゆるページに日韓併合時代の写真、文献、地図などの史料を掲載。「論より証拠」で、日本罪悪史観を完膚なきまでに封じる。闇に消え、もはや存在することさえ誰も知らなかった「朝鮮の都市」の写真、そこに生きる「人々の姿」を、多くの人は初めて目にすることだろう。そして思い知るだろう。歴史をめぐって嘘をついているのは、はたして日本人なのか、韓国人のどちらなのかと。「正しい歴史認識」を求めて諸国が言い争う時代は終わった。なぜならそれは本書を見たあなたの「目の前にある」からである。韓国大統領必見。

続きを読む

レビュー

4.7
4
5
3
4
1
3
0
2
0
1
0
  • 2014/04/02Posted by ブクログ

    これは驚いた。驚いた、驚いた。 ここまで日本が朝鮮に文明をもたらしたとは。そしてそれを率先したのはテロリストに暗殺された伊藤博文閣下... 当時の写真と当時の新聞(朝日新聞 南鮮版!等)で振り返る統治...

    続きを読む
  • 2013/06/02Posted by ブクログ

    日韓併合の真実を資料に基づいて明らかにした本。 写真を中心に日本が朝鮮半島にした「仕打ち」がよく分かる。 司法・教育・医療・道路・鉄道・金融・発電・治山・治水・港湾整備など・・・ ほとんどすべてじゃん...

    続きを読む
  • 2013/04/25Posted by ブクログ

    日本が朝鮮でインフラ整備を行ったことはよくわかった。 しかしそれは「誰の為に」おこなったのだろうか。 著者の説も一定の理解はするが、歴史は多面的、重層的な考察が必要だ。

もっと見る

セーフモード