大地の咆哮(ほうこう) 元上海総領事が見た中国

著:杉本信行

650円(税込)
ポイント 6pt

現代中国をどう認識し、どう対応するのか、日本の対中外交はいかにあるべきか――上海総領事であった著者が、末期がんの病苦をおして書き上げ、2006年に刊行されるやベストセラーとなった本書。中国の実態を鋭く抉って各界の絶賛を浴びたその内容は、文庫化にあたっていささかも古びることなく、むしろ現実の方が本書の議論を前提に進行している感さえある。外交官としての長年の中国勤務の体験をもとに、実際に担当し、かつ現地で見聞した情報を踏まえた叙述には、視点の鋭さと深さ、説得力がある。政治・経済・外交・軍事から農村問題に至るまで、“現代中国の真実の姿”を幅広く見極めようとする著者の真摯な思いが行間から伝わってくる。2004年5月の上海総領事館員自殺事件の折、総領事として部下を守れなかった無念から本書を執筆したという著者。“近くて遠い隣国”との付き合いを考える上で、思わずハッとさせられる示唆に富んだ好著である。

続きを読む

レビュー

4.5
6
5
3
4
3
3
0
2
0
1
0
  • 2014/07/26Posted by ブクログ

    病気により死期を予感しながら書かれた、元上海総領事の渾身の一冊。等身大の中国、中国と日本の抱える問題を語る。愛国者、かつ、冷静な視点。最近の日本で失われつつある、中国の立場をも斟酌した日本に求められる...

    続きを読む
  • 2012/05/26Posted by ブクログ

    本書はいわゆるチャイナスクールに属し、長年、外交官として関わってきた著者が「現代中国をどう認識し、どう対応するのか、対中外交はどうあるべきか」まとめた本である。 内容は圧巻の一言に尽きる。ODAの問...

    続きを読む
  • 2011/04/07Posted by ブクログ

    @yonda4 巨大な隣人、中国。隣の国なのに日本人の多くは中国をよく知らない。レッドクリフは観るけど、今の中国ってよく知らない。最近日本にも中国人観光客が増えたな~。位の認識だと思う。 内閣府世...

    続きを読む
もっと見る

セーフモード