【最新刊】未来を拓く君たちへ なぜ、我々は「志」を抱いて生きるのか

未来を拓く君たちへ

著:田坂広志

650円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    本書のタイトルは、『未来を拓く君たちへ』である。しかし、本書を実際に一度手にとってみていただきたい。本書が、これから実社会に羽ばたこうとする大学生や、実社会で働き始めたばかりの若いビジネスパーソンたちだけではなく、働くすべての人々たちへのメッセージであることがわかるはずだ。著者は本書で、人生を登山にたとえつつ、その頂に登り詰めるまでに、どのような登山をすれば、「悔いの無い人生」「満たされた人生」を送ることができるのかを、詩的な言葉で静かに語りかけている。そして、人生という山の登り方次第で、「香りある人生」を味わうこともでき、老いて悔いることのない、「大いなる人生」をその手に収めることもできるというのだ。本書は、著者の深い思索の中から生まれた三部作『なぜ、働くのか』『仕事の報酬とは何か』『人生の成功とは何か』と、同一の線上にある、「どう生きるか」を真剣に考える手助けとなる作品なのである。

    続きを読む
    提供開始日
    2013/03/22
    連載誌/レーベル
    PHP文庫
    出版社
    PHP研究所
    ジャンル
    ビジネス

    レビュー

    • 2015/07/13Posted by ブクログ

      死を忘れ、不安と緊張から逃れた瞬間にやってくるのは、安心と平穏ではなく、安逸と弛緩。

      Memento Mori(ラテン語) 死を想え

      聞こえるのは砂が落ちる音だけの、目に見えない命の砂時計を心得よ...

      続きを読む
    • 2010/08/26Posted by ブクログ

      「死」を考えると例えようもない恐怖が襲ってくる。
      だから「死」を考えないように、遠ざけている僕がいた。

      だが、「死」はいつも身近にある。
      僕の周りでも、毎年のように若い友人・知人が亡くなっている。
      ...

      続きを読む
    • 2012/10/13Posted by ブクログ

      未来を拓く君たちへ

      137億年宇宙の歴史
      46億年地球の歴史
      5000年の人類の歴史


      ■「志」を抱いて生きること

      与えられた人生において、
      己のためだけでなく、
      多くの人々のために、
      そして、...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000112434","price":"650"}]

    セーフモード