天璋院と徳川将軍家101の謎

著:川口素生

589円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    幕末激動の時代。薩摩藩主・島津斉彬の養女として徳川第十三代将軍・家定の正室となった天璋院。本書は、彼女と、彼女を取りまく徳川将軍家、島津家、そして次代将軍・家茂に輿入れした孝明天皇の妹・和宮についての101の話を紹介したものである。天璋院が将軍家に迎えられた真の理由は何か?家定はどんな将軍だったのか?将軍との間に子どもが生まれなかったのはなぜか?姑・天璋院と嫁・和宮の仲が悪かったといわれるが本当か?薩摩藩士による「天璋院奪回計画」とは何か?大奥はほんとに「男子禁制」だったのか?江戸無血開城の実現に天璋院と和宮が大いに活躍したのは本当か?漱石の『吾輩は猫である』に登場する天璋院とは?以上のような興味深いテーマが次から次へと登場して読者を引き付ける。天璋院という女性の具体像、そして徳川将軍家や大奥というものの実際の姿がよく分かるものになっており、座右に置きたい一冊といえよう。

    続きを読む

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビューを投稿する
    [{"item_id":"A000112373","price":"589"}]

    セーフモード