超訳 マキャヴェリの言葉 逆境の時代を生き抜く

著:本郷陽二

679円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    16世紀、イタリアのフィレンツェ共和国の書記官マキャヴェリが著した『君主論』――。小都市国家に分裂し、外国の介入を受けながら戦乱に明け暮れる祖国の姿を憂い、真のリーダーが必要とする“究極の権謀術数”を説いた。人間と組織の本質を冷徹なまでに分析した政治哲学は、当時の宗教的価値観から“悪徳の書”と呼ばれ排撃されるも、その後、四百年以上にわたり“帝王学のバイブル”として世界中で読み継がれている。本書は、その徹底した現実主義のエッセンスを、「リーダーにとって、力は約束より大切である」「信頼する部下よりも、かつてのライバルを起用せよ」「中立の道を選ぶのは、まったく賢明な手段ではない」「勝利の数よりも、最も害が少ない作戦を常に考えよ」など、現代に合わせた大胆な“超訳”で解説する。リーダー・組織のあるべき戦略から個人の強い生き方まで、混迷と停滞を続ける日本人が今こそ学ぶべきマキャヴェリの知恵とは?

    続きを読む

    レビュー

    • 2012/05/02Posted by ブクログ

      マキャヴェリの『君主論』をやさしく、且つ現代に合った形で書かれた内容。面白い点はさまざまな歴史的事件・人物を引用しながら解説しているところで、非常に読みやすく興味深い。本書は「リーダーは獅子の強さと、...

      続きを読む
    • 2011/07/19Posted by ブクログ

      1つのテーマを見開きで完結するため読みやすい
      マキャヴェリの言葉とともに日本の戦国史を知ることもできるので得をした気分にもなれます
      悩みや問題に直面したときに目次を見てはテーマを絞り学びを振り返りたい...

      続きを読む
    • 2011/07/22Posted by ブクログ

      権謀術数を説いて悪徳の書と呼ばれたらしい君主論だが、ルネサンス時代の空気にそぐわなかっただけで、現代では至極まともなことを言っている実用書。

    開く

    セーフモード