戦国武将のゴシップ記事

著:鈴木眞哉

660円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    信長は酒を飲まず、干し柿が大好物の甘党だった!?秀吉は大の猫好きだった!?「鬼のよう」といわれた真田幸村は、じつは小柄だった!?史料を縦横に読み解くと、表向きのイメージとは違う、戦国武将たちの意外な素顔が次々と明らかになってゆく。経歴を詐称していた有名大名、お金がなくて満足に戦ができずに処分された武将、趣味のせいで死にかけたお殿様……。知られざる史実から、彼らの本質が見えてくる。芸能記者たちも驚きの全67項目。あの武将たちの赤裸々なプライベートが暴露されてゆく![内容例]奥方の便秘を心配した秀吉/焼酎党・真田幸村と徳川家康/生涯無傷だった勇将/女性と間違えられそうになった石田三成の遺骨/秀吉と美少年/笑ったことのない上杉景勝/<妖刀>村正を差した人たち/神様と取引した信玄、恫喝した秀吉/ちゃんと読んでもらえなかった「長宗我部」/漬物の塩加減と家康/落馬して死んだという武将etc.

    続きを読む

    レビュー

    2.5
    4
    5
    0
    4
    0
    3
    2
    2
    2
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/10/08Posted by ブクログ

      歴史マニアの人には面白いんだろうか。それとも、マニアだったら知ってるレベルの話なのだろうか。別段、信長が干し柿が好きだったとか聞いてもなんつうことないので。読み飛ばしの部類。
      色々と自分の過去の著書に...

      続きを読む
    • 2014/09/03Posted by ブクログ

      歴史好きなら知ってる武将にまつわるエピソードを違う方面からみて四方山話""としてまとめた。信長が干し柿好きの甘党だとか、上杉はずっと長尾と呼ばれていたとかの類です。面白いけど買うほどではないかも。

    • 2012/10/16Posted by ブクログ

      小さい頃、戦国武将が好きでこの手の本をよく読んでいましたが、時を経ると新たな解釈や事実が判明しているのですね。
      楽しめました。

    開く

    セーフモード