【最新刊】男は3語であやつれる

男は3語であやつれる

1冊

著:伊東明

510円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    モテる女性が自然と口にしている言葉、人気キャバ嬢の会話、スーツ売り場のNO.1女性店員のセールストーク、彼氏から大切にされている女の子のメール、円満夫婦の奥様がご主人にかけているひと言……そこに共通する言葉とは?本書は心理学者として活躍する著者が、現場でリサーチした超実践テクニックを紹介する一冊。心理学的根拠やデータとは関係なくとも、「これは絶対に使える!」と確信でき、実際に使った人からは「効果に驚きました!すごい!」と絶賛されてきたネタです。「どうしてそんなによくしてくれるの?」「ドキドキする」「○○君の選ぶものだったらなんでもうれしいよ」「会いたいけどがまんするね」……。まるで陰陽師の呪文か、ソロモンの秘法なのではと思うくらいに、男心を「魔法のように」とらえてしまう一言。あなたも周りの男性の気持ちを読み取って、男心をくすぐっちゃいましょう。言葉しだいで、周囲の男性のあなたを見る目が変わるかも!?

    続きを読む
    提供開始日
    2013/03/22
    連載誌/レーベル
    PHP文庫
    出版社
    PHP研究所
    ジャンル
    趣味・実用

    レビュー

    3.6
    3
    5
    0
    4
    2
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2016/02/09Posted by ブクログ

      操る3語について知りたくて読書。

      えー。すごい。有り難う。行動を認めてあげる。

      本書は女性向けに男を操るという趣旨であるが、男が男に対して使用するのはどうなのだろうか。有効性はありそうだ。

      Yo...

      続きを読む
    • 2015/04/30Posted by ブクログ

      使えそうな言葉ばかりで
      買ってよかったーと思いました!
      ノンストップで1冊読めちゃうくらい
      面白い内容でした!

    • 2010/01/06Posted by ブクログ

      面白く、軽い気持ちで読めた。
      鵜呑みにするワケではないが、「ふんふん」と納得することも多かった。
      男は「島耕作みたい」といわれると喜ぶというのが一番面白かった。

    開く

    セーフモード