あの人はなぜ相手の気持ちがわからないのか もしかしてアスペルガー症候群!?

著:加藤進昌

550円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「毎日、同じ服を着てくる」「注意するとパニックになる」「データ入力は得意でも接客は苦手」「こだわりが強すぎる」……。その人は、もしかするとアスペルガー症候群かもしれません。本書は、全国でも数少ない「大人の発達障害外来」の名医が、その“心のしくみ”と円滑なコミュニケーションの方法をやさしく紹介。本人とその周囲の人たちが抱える悩みに、真摯に向き合う一冊です。

    続きを読む

    レビュー

    • 2012/07/08Posted by ブクログ

      アスペルガー症候群のコミュニケーション、感覚の特性を実際の会話、行動での事例と合わせて紹介。周りにいる人がどう関わったらよいかについてもわかりやすく書いある。

      身近に障碍を持つ人がいないと、構えてし...

      続きを読む
    • 2016/07/05Posted by ブクログ

      アスペルガー症候群の特徴はそれほど多くないが、だからといって症状だけで簡単に診断できるようなものではなく、「あの有名人は/歴史上の人物はアスペルガーだった!」のような言説は正しくない。また「アスペルガ...

      続きを読む
    • 2013/03/31Posted by ブクログ

      よく耳にするアスペルガー症候群を他の疾患とも比べながら分かりやすく解説する。
      この疾患を全く知らない人が大多数で、誤解によって生きづらくなっている人が多いが、中には天才児であるとか、違った意味で誤解す...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000112254","price":"550"}]

    セーフモード