2020年の日本―美点凝視で閉塞突破

著:谷川史郎

1,304円(税込)
1%獲得

13pt(1%)内訳を見る

    野村総研独自調査で次の時代を克明に描く――。「3.11」は旧来の日本における構造的問題をあぶり出し、次の10年への指針を示す出来事だった。現実に、社会で進行する変化を観察し、丹念に拾っていくならば、次世代のステップともなりうる事象がすでに多く存在するのに気づく。野村総研の独自調査で浮かび上がる変化を丁寧に紹介し、どこに機会と希望が存するのかを体系的に説明する。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード