男性不況 「男の職場」崩壊が日本を変える

著:永濱利廣

1,223円(税込)
1%獲得

12pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「男と女」から見る、目からウロコの日本論!■増えない給料/■晩婚化・少子化/■格差拡大/■消費の低迷/■草食系男子/■女子会ブームなどなど……日本を襲うさまざまな変化の根本は、「労働市場における男性の価値の低下」、すなわち男性不況にあった。男であることの価値が希薄化している日本で、いま何が起きているのか。気鋭のエコノミストが、日本変質の根本に鋭く迫る。●著者からのメッセージ私は女性の地位が向上すること自体は、すばらしいと考えています。けれども、「よい変化はよい結果しかもたらさない」という単純な意見には与しません。たとえよい変化だったとしても、それが思わぬところに悪影響を及ぼす可能性はいつもあります。「女性の地位の向上」というよい変化の一方で、男性には困った問題が生じています。それは、日本社会が大きな変質をとげているからなのです。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード