鳥貴族「280円均一」の経営哲学

著:大倉忠司

1,141円(税込)
1%獲得

11pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「思想」なき安売りは疲弊するだけ。お客様が喜ぶ、従業員が生き生きと働く。その秘密のすべてがここにある!▼「鳥貴族」ってどんなところ?1985年創業。東大阪の9坪の店舗から。「村さ来」の社長の本をバイブルに“ヤング世代をつかむ”明るい店舗、ゆとりのある席、ボリュームあるメニューで展開。店名の由来は「お客さまを貴族扱いする」。1986年に法人化。年に1店のペースで多店舗展開。2003年。道頓堀店が阪神優勝の波に乗ってブレイク。2004年、東京進出。2011年、名古屋進出。現在300店舗に迫る勢い。▼なぜ「鳥貴族」は旨いのかオシャレな焼き鳥店として大人気の「鳥貴族」。なぜこんなに人気が高いのか。それは、・輸入鶏肉は使わない・セントラルキッチン方式を導入せず、串打ちから焼きまで各店で行う・明るい店で、若者、女性が気軽に入店できる・すべて280円均一で、安くて旨いで一度訪れたお客の心を捉えて離さないからだ。▼長引く不況でも好調をキープ長引く不況、東日本大震災などの影響で、他の均一居酒屋、外食店が震災で大苦戦している中、鳥貴族は好調をキープぶり。そこにはサービス業に普遍の理念と方法がある。25年間、鳥料理のみで展開し、創業からブレずに均一低価格を続けていることが強みだ。右肩下がりの時代にサービスで顧客の心をつかむ作法、社員もお客さんも満足できる店舗経営のあり方を創業者自らが語る。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード