戦略としてのブランド 「コンセプト」×「オペレーション」×「組織」でつくる成功の方程式

著:鬼頭孝幸

1,955円(税込)
1%獲得

19pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    なぜソニー、パナソニックは、アップル、サムスンに負けたのか?なぜP&Gやネスレに並ぶ日本ブランドが育っていないのか?気鋭の戦略コンサルタントがグローバルで勝てるブランドをつくるための6つのパターンと7つの処方箋を詳説ブランドづくりは成長戦略とその実行そのものである。世界で勝てるブランドをいかにつくるか。新たな「成功の方程式」「勝ちパターン」のあり方が海外企業、また奮闘する日本企業の事例から学べる。グローバルで勝てるブランドをつくる6つのパターンハイプレステージ型:エルメス、フェラーリ、ドゥ・ラ・メール・・・プロダクトアウト型:アップル、レッドブル、デル・・・グローバルメガブランド型:P&G、ロレアル・・・グローバルストアブランド型:ZARA、H&M・・・コーポレートブランド型:サムスン、LG、フォルクスワーゲン・・・マルチローカルブランド型:ネスレ、アンハイザー・ブッシュ・インベブ・・・グローバルで勝てるブランドをつくる7つの処方箋処方箋1.グローバル市場をよく知る処方箋2.明快なビジョンをつくり共有する処方箋3.勝負する領域を選択し、「戦い方」を考える処方箋4.ブランドポジショニングを定義する処方箋5.自社の「勝ちパターン」をつくる処方箋6.価値創出バリューチェーンをつくる処方箋7.コンセプト/オペレーションを動かす組織体制、仕組みを整える

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード