粉飾の論理

著:高橋篤史

1,584円(税込)
1%獲得

15pt(1%)内訳を見る

購入へ進む

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    粉飾には数多くの関与者がいる。なぜ粉飾は後を絶たないのか。その末路とは。カネボウ、メディア・リンクス、ライブドアなどを事例に、粉飾にいたる系譜と構図を明らかにする。【主な内容】序章虚業ライブドア/第I部カネボウの罪/第II部メディア・リンクスの罰/第III部監査法人の死/終章香港、スイス、カリブ海

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード