【最新刊】人口減少時代の大都市経済 価値転換への選択

人口減少時代の大都市経済

1冊

著:松谷明彦

1,584円(税込)
1%獲得

15pt(1%)内訳を見る

最新刊を購入

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    大都市はどこから来て、どこへ行くのか?・戦後経済モデルは終わった・年金は高齢社会に合わない・増税の必要ないわれわれが今なすべきことを克明に描く。人口統計は嘘をつかないといわれるように、そこから紡ぎ出される像は、確実な見取図を私たちに示してくれる。人口減少社会の意味するもの。それは大都市の破綻である。このままいけば、大都市経済は人が住むのに不適となり、巨大な深層崩壊が日本全体に起こるとの見通しがリアルなデータと共に本書では語られる。そのような破綻を避けるために現在なすべきことは何か。国際化、ビジネスモデルの転換、財政政策の転換、人生の再設計など、今われわれがなすべきことを明確な筆致で提言。『「人口減少経済」の新しい公式』(日本経済新聞出版社)などのベストセラーで、新たな社会の到来を見通した著者による野心的な新著。

    続きを読む
    ページ数
    321ページ
    提供開始日
    2013/03/22

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード