スーパーの裏側 安全でおいしい食品を選ぶために

著:河岸宏和

1,232円(税込)
1%獲得

12pt(1%)内訳を見る

購入へ進む

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「食品業界の裏の裏」まで知り尽くした著者が明かす、スーパーの「日付偽装」「再加工」「使い回し」の実態には、驚きを隠せません。「法律上、問題がない」という理由のもと、消費者の感覚ではとても許されないことを行っているスーパーが少なくないのです。・売れ残ったマグロのサクは、翌日刺身にして再販売/・とんかつはカツ丼、うなぎの蒲焼きはうな丼にリサイクル/・賞味期限切れの食パンは、ラスクに再加工/・フルーツはカットして、2回、3回、使い回す、そういった「再加工」「使い回し」の問題とともに、・開店早々、大量に並んでいる刺身は、いつ造ったもの?・卵はなぜ、毎日同じ数だけ産まれるのに、特売日には10倍並ぶ?・卵の賞味期限は、なぜどれも新しい?といった「日付偽装」の問題まで、詳しく、わかりやすく解説しています。「合法」「法律上、問題ない」という名のもと、スーパーではいったい何が行われているのか?食品衛生法やJAS法といった法律は、いったい誰の味方なのか?ぜひ本書を読み、安全でおいしい食品を選べる「スーパーの達人」になってください。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード