総合商社の研究 その源流、成立、展開

著:田中隆之

1,584円(税込)
1%獲得

15pt(1%)内訳を見る

購入へ進む

カゴに追加

    日本独自の経営体はいかにして成立したのか!?総合商社は、1990年代以降に大きな変貌をとげ、多様な商品・サービスを扱う従来の事業に加えて、大きなバリューチェーンの中で商品の製造や輸送まで複合的に行うようになっている。加えて資源やインフラなどのプロジェクトの事業化とともに、それらの保守・運営に携わっている。こうした総合商社の近年の動き、姿だけでなく、その成り立ちから今日までの歩みを整理するとともに、原点に立ち返って、総合商社の本質と果たしてきた役割を日本経済のなかでとらえなおした総合商社原論。長い「冬の時代」を脱却し、いまや絶好調と言える日本の総合商社の背景を知りたいビジネスマンや経営者、商社への就職を希望する学生などにも最適な1冊。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード