【最新刊】辛亥革命とG・E・モリソン 日中対決への道

辛亥革命とG・E・モリソン
1冊

著:ウッドハウス暎子

1,900円(税込)
ポイント 19pt

通常ポイント:19pt

最新刊を購入

カゴに追加

破天荒のジャーナリストが書き残した資料を読み解き、日本外交の原点に迫る!19世紀末、動乱の北京に23年間を過ごしたモリソン。前半はロンドン・タイムズ特派員として反露親日の国際世論を喚起して日露戦争における日本の勝利に大きく貢献したが、後半は中華民国大統領袁世凱の政治顧問として反日の急先鋒に立ち、嵐の中をかろうじて進む新中国の舵取りに携わった破天荒のジャーナリストが書き残した資料を読み解き、日本外交の原点に迫る! 辛亥革命の知られざる実相と諸列強の暗闘を描いた労作。 【モリソンの紹介】 G・E・モリソン George Ernest.Morrison(1862-1920) 動乱の北京で23年間、前半はロンドンタイムズ特派員として反露親日の国際世論を喚起して日本の勝利に大きく貢献し、後半は中華民国大総統の政治顧問として反日の急先鋒に立ち、嵐の中をかろうじて進む新中国の舵取りをしたオーストラリア人。日本の東洋学研究の発展に貢献した「東洋文庫」の礎となった二万数千冊に及ぶ「モリソン文庫」でも知られている。

続きを読む
提供開始日
2013/03/22

レビュー

5
1
5
1
4
0
3
0
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2010/11/30Posted by ブクログ

    『日露戦争を演出した男モリソン』と『北京燃ゆ―義和団事変とモリソン』に続く、著者のモリソン研究の第三弾。
    19世紀末から20世紀初頭にかけてロンドン・タイムズの北京特派員となり、辛亥革命後は中華民国大...

    続きを読む

セーフモード