会計ドレッシング 10episodes

著:村井直志

1,408円(税込)
1%獲得

14pt(1%)内訳を見る

購入へ進む

カゴに追加

    企業生命にかかわる粉飾・横領事件は、オリンパス、大王製紙だけではない――。ノリタケ、林原、ローソンエンターメディア、広島ガス、近鉄、フタバ産業、メルシャン、JVCケンウッド、本田技研工業・・・・・・。誰もが知っているあの会社で起こった、総額3000億円の不正手口を公開。経理、人事、マネジメント層、経営者、投資家、必携の書。「粉飾・横領」は、こうして見抜け!

    続きを読む

    レビュー

    3.5
    19
    5
    3
    4
    7
    3
    7
    2
    2
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2014/01/28Posted by ブクログ

      企業の不正等を事例に挙げ、実際の調査報告書をまとめて解説をしている。
      内部事情や他人の不幸話が好きな私には非常に楽しめた。
      ただ、解決策については実務担当者以外はあまり興味のわかない内容のため要注意。...

      続きを読む
    • 2013/10/09Posted by ブクログ

      実際におきた企業の不正会計についてわかりやすく説明されていて面白い。
      経理担当者の長期固定化によるトホホな不正や循環取引のようなベタなもの、「策士だなおい!」としかいいようがないスキームを考える輩など...

      続きを読む
    • 2012/06/29Posted by ブクログ

      今月の会計本のテーマはドレッシング(粉飾)です。
      あまり馴染みのない領域なだけあって、
      初心者の僕にはやや読みにくかったです。
      特に会社名や人物名が
      イニシャル表示されていて(A社とかS氏と、か)、
      ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード