粉飾資本主義 エンロンとライブドア

著:奥村宏

1,408円(税込)
1%獲得

14pt(1%)内訳を見る

購入へ進む

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    なぜ粉飾決算はくりかえされるのか。なぜトップの不正は止めることができなかったのか。著者・奥村宏氏は、その要因は「株式会社制度」そのものにあると指摘している。奥村氏は、「株式会社制度は、第一期・個人株主の時代、第二期・経営者支配の時代、と発展してきており、現在は第三期・機関投資家資本主義=株主資本主義の時代である」としている。そして、「第三期の特徴として機関投資家の圧力による高株価経営が株式市場、さらに株式会社そのものを投機化させ、ギャンブル資本主義の様相を呈し」ているのがエンロン事件、ライブドア事件などになってあらわれていると喝破する。本書は、最新の事件情報を羅列するのではなく、株式会社制度の歴史を「補助線」として、現在起きている事件をもう一歩深く掘り下げ、読み解くことを主眼としている。一連の事件の流れを知りたい人、また粉飾決算事件などの報道洪水に倦んでしまった人にとっても、必読の一冊。

    続きを読む

    レビュー

    3
    10
    5
    0
    4
    3
    3
    5
    2
    1
    1
    1
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2016/10/16Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2013/11/11Posted by ブクログ

      レポート資料として読む。
      読みやすい。時価会計など、実際使われた手法に関する情報は多く、また、新たに知った問題点もあり、非常に参考になった。ただし、エンロン、ライブドア事件についてを詳しく知りたいのな...

      続きを読む
    • 2012/10/21Posted by ブクログ

      とても分かりやすくまとめられている。
      エンロン事件への解説から、ライブドア事件の解説や、その他日米の比較やハゲタカファンドなど、
      扱う項目は多岐に渡るが、そのどれもが分かりやすい。
      ただ、逆に言えば浅...

      続きを読む
    開く

    セーフモード