【最新刊】就活は3年生からでは遅すぎる! 内定を勝ち取るための、大学1~2年生の過ごし方

就活は3年生からでは遅すぎる!

著:田宮寛之

1,100円(税込)

最新刊を購入

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    不況だから就職氷河期だと思っている大学生が多いことでしょう。しかし、景気が回復しても就職状況が改善することはありません。就職氷河期は景気の問題ではなく、社会構造の問題なのです。景気が上向いても、大学生の就職が容易になることはありません。政府はさまざまな対策を打ち出していますが、ほとんど効果がありません。大学生は自力で就職を決めなければなりませんが、3年生になってからがんばっても手遅れです。今や就職において、バイト、サークル、ボランティア活動は評価されません。資格取得に走る大学生は多いものの、資格があれば内定を取れるわけではありません。海外留学もしたというだけでは意味がありません。実は、大学できちんと勉強して優秀な成績を取ること。この当たり前のことが内定への近道なのです。そして、在学中に語学力と経理的能力を身につけることで内定確率が高まります。面接の受け方、エントリーシートの書き方といった単なる就職試験テクニックではなく、本当の就職力をつけるにはどうしたらいいのでしょうか?『東洋経済HRオンライン』編集長として、企業と大学生の両面から取材をしている著者が、内定を勝ち取るための「大学1~2年生の過ごし方」を指南します。大学生のみならず、大学生の子どもを持つ親御さんも必読の書です。

    続きを読む
    提供開始日
    2013/03/22

    レビュー

    • 2012/01/24Posted by ブクログ

      タイトルだけ見た時、就活生を煽って著書を購入させようというも目論見で書かれた本のように思ってしまった。
      しかし、実際は就活生に焦らずに自分を見失わないように就職活動に取り組むためには、早めに着手したほ...

      続きを読む
    • 2019/12/17Posted by ブクログ

      大学生の増加による就職率の悪化
      20年で257校増加
      社員が日本人である必要はない
      2012求人倍率1.23倍
      従業員1000人未満であれば1.86倍
      ターゲットとなる大学を設定してる企業が4割、その...

      続きを読む
    • 2011/11/13Posted by ブクログ

      就活を始めるにあたり、困難を抱えていることもあろう。
      そうした学生を見て、アドバイスを書いた書。

      私が読んだのが3年の冬なので、笑えないけれど、十分に役に立つ一冊。
      普段から、即戦力・地頭だと言われ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード