【最新刊】2011年日本経済 ソブリン恐慌の年になる!

2011年日本経済

著:高橋乗宣 著:浜矩子

1,320円(税込)

最新刊を購入

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    リーマン破綻による恐慌突入を各国が協調しての財政支出により回避した世界経済であるが、その結果「金融バブル」がさらに膨れ上がり、今度は国債バブル崩壊=ソブリン・ショックが世界経済を「奈落」へと突き落とそうとしている。財政危機と大増税の連鎖、通貨切り下げ競争や自国保護を優先する各国がブロック化を推し進める結果、輸出に頼る日本経済の景気急落は避けられない。さらに米国経済の停滞は続き、結果ドル急落・円高騰は進み、1ドル=50円時代の到来も覚悟しなければならない。大調整期に突入した世界経済の枠組みを解説するとともに、大波乱必至の2011年日本経済を大胆予測する。※本書は2010年11月に東洋経済新報社より刊行された『2011年日本経済』を電子書籍化したものです。

    続きを読む
    提供開始日
    2013/03/22

    レビュー

    • 2011/01/05Posted by ブクログ

      世界的な経済危機の状況、日本の政治•経済の状況を理解できる。
      また、経済の初心者でも分かりやすい文章で書かれており、内容を理解しやすい。
      最終章での地域の結束を重視する部分では、将来のあり方について考...

      続きを読む
    • 2011/03/25Posted by ブクログ

      積読期間が長すぎて日本が本書の内容どころじゃなくなってしまった感があるな。平時であれば頷きながら読んだかもしれない。

    • 2012/03/04Posted by ブクログ

      述べている内容に根拠がなく、想像を延々と語られている印象を受ける。
      文章も、理路整然と書かれてはいないので、若干読みにくい。
      全体像を漠然と俯瞰するには読む意味はあるとは思う。

      ----------...

      続きを読む

    セーフモード