奥の奥の森の奥に、いる。

著:山田悠介

606円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    政府がひた隠す悪魔村。ここで育つ少年は15歳で“悪魔を発症”し、ほとんどが「使えない」と殺されてしまう。一方少女たちは、悪魔を産ませるために飼われている。少年メロは仲間と逃げ出すが、大好きな友が次々と、魂を喰う邪悪な姿に……。ついにメロの体にも前兆が! それでも愛する少女を守り続けるが――。悲しき運命と戦う少年たちの物語。中高生が好きな作家ナンバー1!山田悠介の、涙なしには読めない青春物語の傑作。

    続きを読む

    レビュー

    1.5
    2
    5
    0
    4
    0
    3
    0
    2
    1
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2017/03/08Posted by ブクログ

      山田悠介の読者層は若い世代が多い。
      冒頭の場面は、物語の展開上で必要なものであったかもしれないが、もっと違う描写はできなかったものか。
      中学生、もしかしたら小学生も読むかもしれない物語としては適切な表...

      続きを読む
    • 2015/08/23Posted by ブクログ

      山田悠介氏の作品は、何冊か読んできたけれども、その奇抜さと恐怖心をあおる描写に感嘆としたものがあると思う。
      しかし、本作の書き出しこそ、日本に「悪魔村」なるものが存在し、50年に一度、希少種の悪魔が生...

      続きを読む

    セーフモード