衆愚の果て

著:高嶋哲夫

665円398円(税込)
ポイント 3pt

無職の二十七歳、大場が衆議院議員になった。二千万円超えの年収、都心の一等地に立つ宿舎、海外視察費約二百万円など、特権を手にして歓喜する。だが、多すぎる議員数や手厚い議員年金など、自身の身を削らずに国民にばかり負担を強いる政治家に次第に嫌悪感を抱き、自ら制度改革に動き出す……。政界の実態を抉る痛快エンタテインメント!

続きを読む

レビュー

3.3
9
5
0
4
3
3
6
2
0
1
0
  • 2018/06/17Posted by ブクログ

    無職の二十七歳、大場が衆議院議員になった。二千万円超えの年収、都心の一等地に立つ宿舎、海外視察費約二百万円など、特権を手にして歓喜する。だが、多すぎる議員数や手厚い議員年金など、自身の身を削らずに国民...

    続きを読む
  • 2014/05/12Posted by ブクログ

    政治家って儲かるんだなと思いました。 そして、その政治家を選んだのは僕たちです。 文句は言えません。 ほんの少し政治に興味を、持てました。

  • 2013/02/19Posted by ブクログ

    なるほど。 劇場型の政治に成り下がって久しいですが、 その劇場型政治による一人の“チルドレン”が、 やる気を見せて、一つのことを成し遂げようとする話。 読み終わった直後は、「なんだ。やったのはそれ...

    続きを読む
もっと見る

セーフモード