若頭補佐 白岩光義 南へ

著:浜田文人

627円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    一成会次期会長の座を巡り対立する若頭補佐の白岩と事務局長の門野。門野が秘密裏に勢力を九州まで伸ばす中、白岩は大学時代の級友の招きで福岡を訪れた。農家を営む級友は暴力団絡みの問題を抱えていた。白岩は後ろだてになることを決めるが、そこに門野の陰謀が……。恩と義理人情のためなら命も惜しまない男が躍動する傑作エンタテインメント。

    続きを読む

    レビュー

    4
    2
    5
    0
    4
    2
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2014/10/13Posted by ブクログ

      極道者が主人公であるが、極道版時代小説のような作品。
      極道世界の抗争もちりばめてはいるが、どう生きるかを全面に出している。
      「縁」を大事にし、守るべきものを明確にし生きていく。その矜持のうえで志半ばで...

      続きを読む
    • 2012/08/16Posted by ブクログ

      正統派極道・白岩光義シリーズの最新作で、今回は福岡が舞台。前作「北へ」が出たのが今年の2月だからわずか半年でまた続編が出るとは予想外の喜びだ。

      大学時代の友人に誘われて九州の地に赴いたところで待ち受...

      続きを読む

    セーフモード