ガンジス河でバタフライ

ガンジス河でバタフライ

著:たかのてるこ

665円398円(税込)
ポイント 3pt

購入へ進む

カゴに追加

20歳にして、長年夢見ていたひとり旅に出たてるこ。極端な小心者だからこそ、五感をフルに稼働させて、現地の人とグッと仲良くなっていく。インドでは聖なる河ガンジスを夢中で泳ぎ、ぶつかってしまった人に謝ると、なんと流れゆく死体だった……。ハチャメチャな行動力とみずみずしい感性が大反響を呼んだ、爆笑紀行エッセイ第一弾。

続きを読む

レビュー

4
142
5
52
4
49
3
35
2
5
1
1
  • 2019/01/04Posted by ブクログ

    引っ込み思案の著者が意を決して海外旅行に行き、その珍道中をつづった1冊で、なかなかの内容。一人旅ならではの醍醐味がよく伝わってくる、割と深いんじゃないの?と思わせる体験記。読後に宮藤官九郎脚本でドラマ...

    続きを読む
  • 2018/09/29Posted by ブクログ

    『ガンジス河でバタフライ』というキャッチーなタイトルと発刊当時は珍しかった女性一人旅の旅行記ということで、なかなか有名な本である。長澤まさみさん主演でドラマ化もされた。中は非常に軽快&コミカルでインド...

    続きを読む
  • 2018/09/28Posted by ブクログ

    旅エッセイが好きでよく読むのだけど、振り返れば、男性の著作が多かったように思う。 この本の著者たかのてるこさんは、女性で&旅の初心者で(この作品当時)&英語はあまり喋れない…ということで、勝手に仲間...

    続きを読む
もっと見る

セーフモード