ガンジス河でバタフライ

著:たかのてるこ

677円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

購入へ進む

カゴに追加

    20歳にして、長年夢見ていたひとり旅に出たてるこ。極端な小心者だからこそ、五感をフルに稼働させて、現地の人とグッと仲良くなっていく。インドでは聖なる河ガンジスを夢中で泳ぎ、ぶつかってしまった人に謝ると、なんと流れゆく死体だった……。ハチャメチャな行動力とみずみずしい感性が大反響を呼んだ、爆笑紀行エッセイ第一弾。

    続きを読む

    レビュー

    4
    147
    5
    56
    4
    50
    3
    35
    2
    5
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2019/07/14Posted by ブクログ

      【No.212】「旅先では、普段よりもちょっと緊張していて、ちょっと興奮状態にあるから、いろんな感覚が鋭敏になる。全身の毛穴という毛穴が全開になり、鈍っていた五感が再生されていくような快感」「人間には...

      続きを読む
    • 2019/06/25Posted by ブクログ

      ◯内容
      現在作家として活躍されている、主人公のてるこさんが初めて海外へ行くストーリーを描いています。香港への旅とインドへの旅を取り上げており、その中で出会う異国人との交流や、そこでの発見、文化の違いを...

      続きを読む
    • 2019/06/22Posted by ブクログ

      たかのさんのパワフルさは絶対にまねできないけど、読み終わったあと旅に出たくなる本
      文字からいろんな感情やわくわくが伝わってくる!
      この本から旅エッセイにはまった

    開く

    セーフモード