人間の幸福

著:宮本輝

717円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    春の午後、玉田麦子が自宅で撲殺された。麦子は、隣接するマンションの非常階段の使用をめぐり住人らとつねにいがみあっていた。そのマンションに住み、階上に住む愛人の存在に怯えて過ごす敏幸は、マンションの住人らに強い疑惑の目を向ける。突き進む犯人探しがあらわにする人々の心。真の幸福とは?心の迷宮を解く傑作長編。

    続きを読む

    レビュー

    3
    17
    5
    2
    4
    1
    3
    9
    2
    5
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/12/02Posted by ブクログ

      著者の作品は、よく読んでいますが、殺人が絡む推理小説は珍しく読みました。読み終わって感じたことは、やはり今までの作品のように人間の罪深さ奥深さが、書かれていました。主人公が自分でも気づかなかった一面を...

      続きを読む
    • 2016/06/04Posted by ブクログ

      宮本氏にしては珍しい推理小説仕立てである。一人の女性の死から始まる周囲の人たちの「人生」。どんな人にもその人だけが持つ歴史があり、暗部がある。人は愛しく悲しいものであるが、「幸福」ということに限ってい...

      続きを読む
    • 2016/04/09Posted by ブクログ

      近所で殺人事件が起きる。バットで殴り殺された主婦は近所からいい目で見られてはいなかった。隣のアパートに住む人たちはみんな警察から事情聴取を受け、主人公の男性もそのうちの1人だった。周りに怪しい人物がい...

      続きを読む
    開く

    セーフモード